上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





いろいろと主張しだした今日このごろ。
ご飯時もなにかとウルサイ(笑)
あれをとれだの、これじゃないだの、自分でやりたかったり、やってもらいたかったり。
なんでも「ん!」と指差して要求。かなりVIPな感じである。

tihiro272.jpg

この日は私のスプーンに目をつけ、どうしてもこれで食べたいと…。
アナタの口には明らかにデカいですヨ^m^
これだけのことで気分が変わるのか、急にモリモリ食べだすから不思議だ。
食べ飽きた頃に出してくると、まんまと全部食べてくれる

好みの物がでると、そればっかり延々食べる。
ちひろは汁物が好きで、味噌汁やスープがあるとそればっかり。
ご飯を食べてくれないので、結局汁かけご飯になる。
たまには別々に味わって欲しいんですけどー。
今日はホタテの煮付けにハマっていて、口に運ぶのは煮付け煮付け煮付け…。
とりあえずお目当ての物がある間は、ご飯や他の物を食べさせようとしても断固拒否。
ご飯と一緒に食べる設定で作ったのになぁ…

昔はまんべんなく食べてくれてたけど、ただぼんやりしてただけなのか。
....続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:★★1歳児の日常★★ - ジャンル:育児






登るのが楽しいらしい。
どこにでも登ろうとする。
短い足ではムリな場所も、寝転がってる私の上も(相当痛い)

ある日突然、ちひろがソファに座ってテレビを見ていて、目を疑った。
げげげっ、登れるのね?
落っこちたらどうすんのさ?。危ないなぁ!
270.jpg
調子にのりすぎじゃないですかー
…ここに登れるってことはあそこもあそこもあそこも登れるってことね…。
どうしよう、ダメっていうべきかな?、とか思っていたら

数日後、上手に降りるようになった。
tihiro271.jpg

ふむ、ならば、まぁよいか…
でも小心者の私は、登ってるのを見るとせっせと下に座布団を並べてしまう

テーマ:★★1歳児の日常★★ - ジャンル:育児






すっかりご無沙汰していましたが。
週末から週明けにかけて、実家に帰っていました。
ちひろが産まれてからは2度目の帰省。

別に遠いし、特に来いとも言われないし、夫と親との休みを合わせるのも大変だし、
ちょっとめんどくさいし?と思ってたら半年ほど経ってしまっていたのです。

でも今回、遅まきながらちょっと実感しました。
離れて長いからいろいろ気も使うけれど、
自分ちじゃないっていう不自由は多少あるけれど、
子育てにおいて、手と目がたくさんあるのは楽だ

私が見てなくても誰かが見ててくれるし、
ずっとついててやれれば、多少危険なところでも、行かせてあげられる。
なにせ、実家では私のするべきことは何もない
ちひろがいたずらしても、ぐずっても、「いくらでもどうぞ?」と広い心で見ていられる。
そう思ってると、案外ぐずったりしないものなんだなぁ。
ちひろもたくさんチヤホヤされて、たくさん冒険して、ノビノビと遊んでいたように思う。
たまにはいいなぁ…。

ただ、その反動なのか帰ってきてからが妙にぐずぐず。
いつになく私にベッタリ張り付いている。
急に構ってくれる人数が減って、ちょっと寂しいのかな(^_^;)

実家での成長。
○嫌いだったイチゴを克服。
一口も食べなかったのに、人が変わったようにモリモリ食べていた。なんでだ。
○自力でたっちし、2,3歩なら足が前に出るようになった。もうちょい!

テーマ:★★1歳児の日常★★ - ジャンル:育児






1歳になったくらいから、急に意思表示がはっきりしてきた。
外界からの刺激だけを受けて、ぽややんとしてた時期は終わったのだなぁ。
意思表示といっても概ね、「どうしてもあれがしたい」と「どうしてもイヤ」の2種類なのだけど…。
どっちにしても、なんだかせっぱつまっている

「したい」方。
鍵をあけたい。
財布を持ちたい。
リモコンをいじりたい。
絵本を読んでくれ。
この絵本を読め。もう一回読め。

「したくない」方。
買い物カートがイヤ。
オムツ換えキライ。
脱ぐのはいいけど、着たくない。
ハミガキはいいけど、磨かせたくない。
食べたいけど座りたくない。

したい方はだいたい叶えてあげるけど、
したくない方はしたくないと言われても困ることばかりなので、
こっちがテンションあげて遊び風にしてしまうか、
それでもダメなら泣かしたまま、ムリヤリ済ませてしまうか。
でも毎回イヤなわけでもなく、問題ないときもある。
イヤイヤが2.3日続いたかと思うと
どういう心境の変化か、ころっと平気になってたりする。
わ、わからん……

「ご飯おいしそうだよ?。座らないならいいよ、ママが食べちゃおうっと♪」
なんか、ついたまに軽い脅迫が入ってしまう

tihiro269.jpg

テーマ:★★1歳児の日常★★ - ジャンル:育児






本日は怒っております。
先日、うけそこなった麻疹風疹の予防接種を受けにいきました。

ちひろはいろいろアレルギーがあるため、
念のため、大きい病院で受けたほうがいいと言われたので、
前もって検査をしてから注射できるという、市民病院で受けることにしました。
市民病院には、いつもアレルギーで診てもらってる先生がいるのです。

診察室に通されたら、いつもとは違う先生。
まぁ、それはよいのです。たくさん先生がいるのだから。
でも……なんだか若すぎやしないだろうか。
男前でない高杉先生みたいだ。 (byナースのお仕事)
まぁ、それもよいのです。たかが予防接種ですから。
渡してあった問診票を取り出す先生。

(以下、先生=医 看護婦さん=看 青色=ココロの声で、話はすすみます)

医「アレルギーは、特にないですね」
…ん?問診票に書いたぞ。
私「いっぱいあります。」
医「ええっと…何のアレルギーがありますか?」
問診票って何のためにあるんだろう…。
私「小麦、乳、卵、その他いろいろ…。こちらで診察も受けています。」
医「ああ、そうですか。では打ちますけど、注射後、30分は注意してください」
え?待って、待って?。
私「えっと…。こちらで検査みたいなのをしてくれると聞いたんですけど」
医「……ええと…麻疹風疹って検査あるんですか?(看護婦に)」
看「あります(きっぱり)」
ちひろのカルテを取り出す先生。手元にあるんじゃんか、カルテ。
医「あ、ほんとですね…卵黄でもじんましんが…検査したほうがいいですね……」
ん、イヤなの??

なんとなく頼りない感じ?と思いながら、血管に入れないで皮膚に薄めの成分を入れる、
皮内注射という検査をすることになりました。

医「じゃ、じゃあ、打ちます。こっちが生理食塩水、こっちがワクチンです」
看「あ、先生、もっと(ふたつを)離して打たないと…」
医「そ、そうですね。これくらいかな…?」
看「ああ!そんなに深く入れたら…!!
医「あ、え。入っちゃったかな(血管に)、…だ、だいじょうぶかな?!」
なんですと?!
看「…先生、どっちがどっちかシールを貼らないと…」
医「あ、そっか。…はい、いいですよ?…はぁー(溜息)」

はぁー、はこっちだよ!
このとんでもなく手際の悪い2本の注射の間、ちひろは泣きっぱなし、暴れっぱなし。
私は手足を抑えるのに一苦労。大汗。
検査の結果、ちひろは注射を無事打てることになり、摂取したあとも、
じんましんこそ少し出たものの、
特に大きな症状はなく、無事に終えたわけですが…。

なんでしょう。この後からこみあげてくる怒りは。
インターンなのか新米なのか知らないけれど、いいんですよ、やったことないのは。(たぶん)
どんないい先生でも、初めてってことはあるでしょうし。
いいんですよ、看護婦さんに指示受けたって。
勉強不足だとは思いますが。

でも、言っていいことと悪いことがあるだろう!プロとして!

患者の目の前で、「だいじょうぶかな」はないよ!
飲食店で接客する人が、「腐ってるかな、この刺身、だいじょうぶかな」って言ってるようなもんだろう。
大きい病院ってのは、設備も整ってるしすごくいい先生もいるのだけど、こういう人もいるんだよね?。
個人病院でこの先生が出てきたら、即病院変えるよ。
と、帰りの車でプンプン怒っていたら夫が、
「きっと院長の息子かなんかで、経験つませるために形だけ働いてるんだよ?。」
ありうる


いやー、ながながと読み辛いものを失礼しました。
はぁ、スッキリした

テーマ:★★1歳児の日常★★ - ジャンル:育児







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 チビっ子怪獣, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。