上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





本日は怒っております。
先日、うけそこなった麻疹風疹の予防接種を受けにいきました。

ちひろはいろいろアレルギーがあるため、
念のため、大きい病院で受けたほうがいいと言われたので、
前もって検査をしてから注射できるという、市民病院で受けることにしました。
市民病院には、いつもアレルギーで診てもらってる先生がいるのです。

診察室に通されたら、いつもとは違う先生。
まぁ、それはよいのです。たくさん先生がいるのだから。
でも……なんだか若すぎやしないだろうか。
男前でない高杉先生みたいだ。 (byナースのお仕事)
まぁ、それもよいのです。たかが予防接種ですから。
渡してあった問診票を取り出す先生。

(以下、先生=医 看護婦さん=看 青色=ココロの声で、話はすすみます)

医「アレルギーは、特にないですね」
…ん?問診票に書いたぞ。
私「いっぱいあります。」
医「ええっと…何のアレルギーがありますか?」
問診票って何のためにあるんだろう…。
私「小麦、乳、卵、その他いろいろ…。こちらで診察も受けています。」
医「ああ、そうですか。では打ちますけど、注射後、30分は注意してください」
え?待って、待って?。
私「えっと…。こちらで検査みたいなのをしてくれると聞いたんですけど」
医「……ええと…麻疹風疹って検査あるんですか?(看護婦に)」
看「あります(きっぱり)」
ちひろのカルテを取り出す先生。手元にあるんじゃんか、カルテ。
医「あ、ほんとですね…卵黄でもじんましんが…検査したほうがいいですね……」
ん、イヤなの??

なんとなく頼りない感じ?と思いながら、血管に入れないで皮膚に薄めの成分を入れる、
皮内注射という検査をすることになりました。

医「じゃ、じゃあ、打ちます。こっちが生理食塩水、こっちがワクチンです」
看「あ、先生、もっと(ふたつを)離して打たないと…」
医「そ、そうですね。これくらいかな…?」
看「ああ!そんなに深く入れたら…!!
医「あ、え。入っちゃったかな(血管に)、…だ、だいじょうぶかな?!」
なんですと?!
看「…先生、どっちがどっちかシールを貼らないと…」
医「あ、そっか。…はい、いいですよ?…はぁー(溜息)」

はぁー、はこっちだよ!
このとんでもなく手際の悪い2本の注射の間、ちひろは泣きっぱなし、暴れっぱなし。
私は手足を抑えるのに一苦労。大汗。
検査の結果、ちひろは注射を無事打てることになり、摂取したあとも、
じんましんこそ少し出たものの、
特に大きな症状はなく、無事に終えたわけですが…。

なんでしょう。この後からこみあげてくる怒りは。
インターンなのか新米なのか知らないけれど、いいんですよ、やったことないのは。(たぶん)
どんないい先生でも、初めてってことはあるでしょうし。
いいんですよ、看護婦さんに指示受けたって。
勉強不足だとは思いますが。

でも、言っていいことと悪いことがあるだろう!プロとして!

患者の目の前で、「だいじょうぶかな」はないよ!
飲食店で接客する人が、「腐ってるかな、この刺身、だいじょうぶかな」って言ってるようなもんだろう。
大きい病院ってのは、設備も整ってるしすごくいい先生もいるのだけど、こういう人もいるんだよね?。
個人病院でこの先生が出てきたら、即病院変えるよ。
と、帰りの車でプンプン怒っていたら夫が、
「きっと院長の息子かなんかで、経験つませるために形だけ働いてるんだよ?。」
ありうる


いやー、ながながと読み辛いものを失礼しました。
はぁ、スッキリした
スポンサーサイト

テーマ:★★1歳児の日常★★ - ジャンル:育児







まぁ!ヒドイ先生に当たっちゃったものですね。
誰だって最初は初めてなんだから、経験不足は仕方のないことだけど
命を預かる職業だという自覚がなさそうですよね。
まずカルテを見るって、基本じゃないかと素人でも思うのに。
きっと看護婦さんもため息をついてたでしょうね(^^;
こんな頼りない先生、もうちょっとベテラン先生の後ろに立って治療を見て
勉強し直してきてほしいですね。
こんな先生じゃ、病院に行ってかえって不安になっちゃう!
【2007/05/21 10:40】 URL | 真芽 #i1AW65Uk[ 編集]
ミチルさん、ちひろくん、ほんとうにお疲れ様でした。
市民病院とか、大学病院とか、大きい病院って
いい先生もそうでない先生もいるものとは思っているけど、
ここまでくるとあきれますねえ。
こんな先生なら、看護婦さんだけでいいかも(笑)

病院・医院で、納得いかない診療だったときのストレスって
けっこう強いですよね。
しかも私の場合、あとからあとからいろいろ思い出して、
怒りを育ててしまうんですよね~。よくないクセだ。
でも、その場ではやっぱり緊張しているのか、即座に質問とかできなかったりします。
そこをいつも反省しているんだけど、ミチルさんはすぐに確認したりしてて
すごいなって思いました~(^o^
【2007/05/21 20:54】 URL | ひろぽん♪ #-[ 編集]
>>真芽さん
ですよね~!ヒドイですよね~。
看護婦さんは最初から呆れ気味でしたが、
患者を目の前に強く言うわけにもいかないので、
控えめな口調で指示していました^^;
(院長の息子だからかもしれないけど(笑))
大変そうだ、ありゃ。
ほんとに!いくら予防接種とはいえ、
あの先生を独り立ちさせてる病院もどうかと思いますね~。
すぐにでも医療ミスが起きそうだ<(`^´)>

>>ひろぽん♪さん
ますますちひろの病院嫌いに拍車がかかってしまいそうです~^^;
まさに、看護婦さんが注射してくれたほうがいいのでは…と
思いましたよ~!
いや、よくわかりますよ~。
私もどっちかというとその場で言えないほうですよ。
後でああいえばよかった!とかこれ聞いとくべきだった!とか
しょっちゅうです。
自分のことなら、わりと「ま、いいか」と思うのだけど、
子供のこととなるといろいろ気になってしまいますしね~。
【2007/05/21 23:18】 URL | ミチル #/QjCk4EU[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 チビっ子怪獣, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。